8月16日 五山の送り火
 いよいよ本格的な京の暑い夏の訪れです。
「暑おすなー」行きかう人の、挨拶のようになっている
この言葉を聞くといかにも暑いなーと感じるものです。

8月はご先祖の「お墓参り」や「万灯会」「お精霊迎え」、など、京都のお寺では
色々な行事が行なわれます。
中でも8月16日に行われる、〈五山の送り火〉は最も大きな行事の一つです。

よく
〈大文字焼き〉という人がいますが、本当は〈五山の送り火〉が正しい呼び方です。
五山とは、
大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居形の文字や形状が、午後8時になると
灯がともされます。



起源は明らかではないが、江戸時代に入ってからと言われて
います。
お盆に迎えた先祖の霊を、彼岸へ送る行事で、京都の人達は
、「行っておいでやす、又来年お帰りやす」と手を合わせて
ご先祖様にご挨拶をします。

京都の街並みも高いビルが建ち並び、
「あの背高ノッポのビルでよう見えへんなー」と
嘆きながらの五山の送り火を迎えます。
| 三宅てる乃が送る京の知っ特 | 11:40 | コメントはこちら→comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |

▲このページの先頭へ