きものの衣替え
 今年は例年より梅雨入りが早いようですね。

着物には衣替えがありますが、最近は専門家の間でも
色々言われていますが、正式なことを知って、崩してほしいものです。

明日6月1日〜6月30日迄と9月1日〜9月30日迄が単衣の着物
を着る時期です。
但し、花街(祇園・先斗町など)の世界では6月20日から単衣になります。
この世界は大変厳しくて、「守らへんと嫌味言われたり、笑われるのどっせ」
、早くても遅くても駄目です。

7月1日〜8月31日までが、薄物(絽/紗)とかになります。
これは透けて見える着物で見た目も涼しげな素材です。

上記が正式ですが、単衣の時期が来る前から、暑い日があります。
こんな日は我慢して袷の着物でなくても、単衣の着物でいいのですよ。
最近は、生地も研究されて、単衣でも盛夏でも着られる着物がたくさん出ております。

私の個人的な意見ですが、夏は暑いから洗える着物や、長襦袢を合繊にされると
かえって、蒸し暑く汗をかきますし、とても暑いです。
その点、正絹(シルク)は夏涼しくて、冬暖かいという特性がありますから、
安くてもいいから正絹の着物をお勧めします。

下着や小物は少し早めに身につけることも忘れないでください。
着物や帯が夏物なのに、こものが冬物では、台無しですから気をつけて
下さい。
暑い時期こそ、「いと涼しげ」に装って下さい。

又、9月の終わり頃に結婚式があったりすると、単衣の訪問着や、留袖でなくても
袷の着物で結構です。


| きものワンポイントアドバイス | 15:49 | コメントはこちら→comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雛祭り
 

3月3日は、お雛まつりで、女の子のお祭りですね。

お内裏びなの親王と姫、お二人並んだおひなさまの様子は
本当に可愛いくほほえましいですね。

どちらが右でどちらが左ですか?という質問をよく受けるのですが、
皆さんはどちらが、正しいと思われますか?

実はどちらも、間違ってはいないのですね。
昔は、日本では、左が右よりも上位でした。左大臣と右大臣の制度があったころ
仕事は同じなのに、両者が同席するときは、左大臣が上座を占めます。

男性上位の時代には、新王が左、姫が右となるわけです。
正面から見ると、≪向かって右が親王、左が姫≫が伝統的な飾り方です。

しかし、明治時代に西洋の文化の影響を受けて皇室も《向かって左に男性》
を座らせるようになり。現在では、東京などの雛人形はこの様式が多くなっている。

ですから、親王と姫の座り方はどちらが間違っているということはないと判断される。


   
 

京都の安藤人形店の、衣装も高価な生地を使用した、
ひな人形です。

| きものワンポイントアドバイス | 14:24 | コメントはこちら→comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夏のきもの
 今年の夏は特別暑い日が続いています。
きものの街京都でもきものを着ていると「暑いのに、涼しそうに着とおいやすなー」
と思わず声をかけられる。

そうですね、夏の着姿で大切なのは、人が見て涼しげに着こなすことが
大切ですね。

では涼しげとは、どんな着こなしでしょう?
皆さんはどう思われますか?

抜き衿をして、前の打ち合わせもゆったり〈悪く言えば、グサッと)と
着ているのと、きっちりと着ているのと、見た目にはどうでしょう?

私はどちらかというと、きっちり着ていないと気持ちが悪いと感じる方なのです。
よく舞妓さんや、芸妓さんは胸のところに紐を締めているから、あまり汗をかかない
といいますが、それと同じかも知れません。



夏の着物は、絽とか紗という素材は透けるきもので、
「着る時は暑いけれど、着てしまうとそうでもおへんへ」と
京のきもの愛好家は言われます。

是非皆さんも一度お試し下さいませ。










| きものワンポイントアドバイス | 15:59 | コメントはこちら→comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |

▲このページの先頭へ