<< ドイツ ライプチヒ 1000年紀 記念行事 「ゲヴントハウス」きものショー | main | あざみ会 第7回定時総会・研修会開催の報告 >>
「あざみ会」お誘い
「あざみ会 己の刺を知らずして 花と思いし今日の今まで」

この言葉を三宅てる乃がある格言で知った時、きものを装うのと
通じるものがあると大切にしている言葉です。
きものを身につけると「私綺麗でしょう?」でも内なる心に
「刺はありませんか?」と自分自身に問いかける。

三宅てる乃の下で学んだ生徒さんの卒業時に贈ってきた
言葉です。それがきっかけで「あざみ会」の表題となりました。
元は、卒業生や先生方が対象でしたが、今は広く国内外にきもの文化
日本文化を伝えたいというう人たちが、日本全国から集うようになりました。

年会費¥3,000で男女性別を問わず、何方でも入会できます。
入会されなくても、ビジターとしてご参加できます。

日時 6月12日(日)12時〜16時
会場 京都市左京区岡崎天王寺26 岡崎別院
会費 一般ビジター参加の方は¥9、000
内容は「きもの文様について」と題して、日本の伝統文様研究家として
有名な成願義夫氏(あざみ会副会長)の講話

最近割り箸の害などが話題になっていますが、お箸について
プランディングプロデューサーの小谷浩氏のお話と、参加者全員に
素敵なお箸のプレゼントがあります。

昼食は懐石料理で有名な中尾英力氏(あざみ会北陸支部支部長)の
特製懐石弁当をいただきます。

又お琴の生演奏は琴奏者、丹野ゆう子女史(あざみ会会員)
演目は「六つの印象」古典の名曲六段を日本古来の色とイメージした
珍しい曲を演奏していただけます。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。


        






| お知らせ・ご案内 | 12:55 | コメントはこちら→comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:55 | コメントはこちら→- | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sunjerve.jugem.jp/trackback/128
トラックバック

▲このページの先頭へ